函館七飯町国道沿いに、白鳥と鹿の壁画デザイン

大沼公園から函館七飯町に入るトンネルを抜けると、コマ送りで国道わきに白鳥と鹿の絵が見えてきます。
hakodateyouheki1
hakudateyouheki02
絵は単純ですが、構造と仕組みはすごく複雑です、弊社の建設的献身努力で上手く見えるように失敗しないよう机上の計算では解らなかった問題が模型を作って考え検討したおかげで見えて、大事に至りませんでした。

小樽、朝里ダム擁壁の壁画

北海道小樽市朝里ダムの真上に展望サークルがあり、タイルに小樽の風物、壁を義岩で被っています
asari01
asari02
asari03
asari04
計画当初はなかなか壮大な壁画プランでした。

千歳市役所様にヤマセミの壁画

titoseyamasemi2
titoseyamasemi1
北海道千歳市の鳥がヤマセミでシンボルです。伊藤塗工部様の千歳工場にもヤマセミを描かせていただき、その写真を見た担当の方のひとつ返事でお話が進みました、とんとん拍子だったので、いい仕事してます。

沼田町保養地幌新温泉様トイレ壁画

numata
この絵も私が施工したかったのですが、バブル期忙しくて部下任せ。
忘れ得ぬ第三の故郷、我が母校の沼田高校は廃校になってしまいました。

千歳空港様の飲食店街演出、市電通り

titosekuukou1
主にエージングで煉瓦の着色や古色仕上げ、ドアにドア描き、錆びの風合いを描いています。
titosekuukou2
titose3
小樽運河のレリーフに着色しています。構造が単純なようでなかなか難しかったです。

青函トンネル見学コースのルミライト壁画とデザイン軌跡

seikann1
seikann3
お問合せ頂いたお話のスケールの大きさから、全力無我夢中で見本に描いたトンネル工事のプレゼンテーションは十数枚、描きずらいルミライトで描いてジェイアール様に御説明いたしました。たぶんジェイアール様の何処かで埋もれているか、もうこの世に無いか、いずれにせよ若かったあの頃盟友、衣川義清と濱登武と共に我武者羅に描きまくった絵が行方不明で、写真も有りません。ルミライトのデザイン案の傑作です。
seikann2
seikann4

20数年前になりますが。世界に冠たる青函トンネルに絵が描ける、夢のようなお話が舞い込みました。 人生の掛けに出るべきと、世界に通用するデザインをやらねばと企画とサンプル絵画を意気込んで約一年間。トンネル貫通までの秘話、世界の偉業、昭和の歴史、立体海峡トリックアート、掘削機等のメカニック再現などなど、描きに描きまくっていました。 イルカの絵で決定・・・ゆくゆくドラえもん列車にとって換わられました。ルミライトのサンプル絵画はコピー不能、写真撮影下手、原画は出来たらすぐにお客様が持っていっちゃい、わずかに残った当時の企画書を発見しましたので掲載しました。